MENU

タミフル予防投与・通販・市販

インフルエンザの治療と予防出来るお薬をご紹介します!

 

タミフルを通販でお得に買えるのはこちら!

 

▼タミフル▼

タミフル

 

送料無料・クレジットカードOK

>>タミフル

 

 

タミフルのジェネリックが安くて人気です!

ジェネリックはこちら!

>>タミフルジェネリック(エンフルビル)

 

 

 

 

家族や身近な人がインフルエンザにかかってしまった時自分もうつらないか心配になりますよね。
受験生、免疫力のないお年寄りの方、絶対仕事が休めないサラリーマンなどすぐタミフルを飲めばインフルエンザを予防する事が出来ます。

 

小さなお子さんがいるご家庭では子供から大人にうつすケースが多いです。
子供と一緒にインフルエンザで熱にうなされるのはとても辛い物。前もってタミフルを購入しておけば予防する事が可能です。

 

またタミフルを手元に置いておけばインフルエンザ発症しても治療のため病院に行く手間が省けます。

 

インフルエンザが蔓延していて病院が混んでいる時に受診するのはとても大変。

 

いざという時のためにタミフルを通販で購入しておくと便利です。

 

タミフルの効果

 

 

タミフルはインフルエンザの治療薬として知られているお薬です。

 

タミフルはA型、B型のインフルエンザウイルスが体の中で増えるのを抑える作用があります。

 

ウイルスを死滅させる働きはしません。

 

インフルエンザ発症してから服用するだけではなく発症する前に予防投与としても効果を発揮します。

 

タミフルというのは商品名で成分はオセルタミビルといいます。

 

タミフルはカプセルのものとドライシロップがあります。

 

小児の場合は病院で受診した場合ドライシロップが処方されます。

 

ドライシロップで処方される理由は体重に合わせた用量に出来ますし、飲みやすいためです。

 

タミフルカプセル75の治療用飲み方

 

 

タミフルカプセルの治療用の飲み方は次の通りです。

 

【成人と37.5kg以上の子供】
1回75mgを1日2回 5日間

 

インフルエンザの症状が出てから48時間以内に服用開始します。

 

症状が軽減したからといってタミフルの服用を中断してしまうと症状がぶり返してしまう事もあるのできちんと5日間飲み切りましょう。

 

服用時刻は食事の時間と関係ないですが同じ時刻に服用するよう心掛けたほうが良いです。

 

タミフルは予防投与出来る

 

 

病院でインフルエンザだと診断されて処方されるタミフルは、予防投与として服用する事が出来ます

 

タミフルを服用する事でインフルエンザに感染してもインフルエンザのウイルスが増える事を防ぐのです。

 

タミフルはA型、B型の予防は出来ますがC型のインフルエンザには効果はありません。

 

C型インフルエンザは感染力が弱いですし重症化する危険性がないのでワクチンや薬がないのです。

 

タミフルでインフルエンザ予防効果がある期間は?

 

予防投与は服用している期間は予防する事が出来ます。
予防投与として服用出来るのは7〜10日間なのでその期間はインフルエンザを防げます。

 

ですが間に合わず感染してしまうとウイルスが増殖してしまいタミフルを服用しても発症してしまうケースもあります。

 

タミフルを予防目的で飲む方法・用量、用法

 

タミフルでインフルエンザ予防するならインフルエンザ発症した人と関わって48時間以内に服用する必要があります。

 

48時間以上たってしまうと予防効果は薄いので発症した人との接触があればすぐ飲むのが望ましいです。

 

タミフルを飲む場合、治療目的と予防目的では飲み方が違います。

 

成人

 

タミフルを予防投与として服用するなら成人はタミフルカプセル1個、またはタミフルDS2.5gを1日1回、1週間から10日服用します。

 

小児

 

小児は体重で用量が変わります。

 

【体重が37.5以上の場合】
成人と同じ用量です。
タミフルカプセル1個、またはタミフルDS2.5gを1日1回、1週間から10日服用します。

 

【体重が37.5未満の場合】

 

タミフルDS66.7mg/kg
1日1回10日間服用します。

 

タミフルは予防投与は保険はどうなるの?

 

 

タミフルを保険適用で買えるのはインフルエンザ発症している時に限ります。

 

一緒に住んでいる家族が発症した時に予防出来るなら服用したくなりますが予防投与を目的とした購入は保険は使えません。

 

全部自己負担になり高額になります。

 

薬価がタミフル1カプセル283円なので10日間分必要なので2830円、医師の診断、処方してもらうのに5000円ほどかかり合計8000円程度の自費になると予想されます。

 

予防投与ならタミフルは通販で手軽に購入する事が出来ます!

 

>>タミフル

 

>>タミフルジェネリック(エンフルビル)

 

タミフルの副作用について

 

タミフルの副作用についてご説明します。

 

タミフルの副作用は

  • 下痢
  • 吐気
  • 嘔吐

 

が主な症状です。

 

予防投与でも治療が目的でもタミフルの副作用の違いはありません。

 

タミフル服用後に異常行動が出現した事例がニュースで報道されタミフルは副作用が危険だというイメージが強くなっています。

 

タミフルの副作用の出現する可能性としては2%で副作用が起きやすいという訳ではありませんが異常行動が起きないよう注意する必要があります。

 

タミフルの体験談

 

 

 

タミフルはインフルエンザに効果があります。
ここではタミフルの体験談をご紹介します。

 

インフルエンザの高熱や関節痛が辛い!タミフルのおかげで身体が楽になりました

 

インフルエンザA型になった時に、病院からタミフルを処方されました。タミフルはインフルエンザの代表的な治療薬ですよね。ウイルスに感染してから48時間以内に服用することで症状が悪化することを防ぐ薬ということは知っていましたが、以前服用した人が異常な行動を示すと騒がれていたこともありちょっと不安でした。

 

しかし、40℃近い高熱と関節痛などでフラフラしていましたし、この苦しい状態をなんとかしたいと思ったのでタミフル飲んでみました。朝と夕方に1カプセルずつを飲みます。1日2回、5日間服用するように薬局の人から言われたのでしっかり守って飲みました。

 

タミフルを飲んで二日目には微熱になり、その日の夜にスーっと熱が下がりました。飲んで本当に良かったです。社会人になってから久しぶりのインフルエンザで、高熱ってこんなに身体が苦しいものなんだなと思い出しました。子供の頃はよく高熱を出していたのですが、大人になってからは身体が強くなりあまり病気をしていなかったのでびっくりです。

 

もしすぐに病院へ行かず48時間過ぎてしまったらもう飲めないので、これからも高熱が出た場合はインフルエンザを疑って病院へ行こうと思います。タミフルがあったのですぐに熱が下がって助かりました。

 

高熱がすぐに微熱になりました

 

冬は、クリスマス会や餅つき大会やマラソン大会など、子供の行事が続きます。家庭での年末年始の忙しさもあり、1月半ばに私は突然39度近い高熱で倒れました。頭がぐらぐらとする上に、全身の筋肉が痛み、立っていることも辛くなったのです。
這うようにして近所の内科を受診したところ、インフルエンザということで、タミフルが処方されました。タミフルという名前は聞いたことがありましたが、私はてっきり注射かと思っていました。しかし実際のタミフルは飲み薬でした。
なんとなく注射の方が効果が出そうなイメージがあったのですが、タミフルの威力はすごかったです。39度近くあったはずの高熱が、タミフルを2回飲んだだけで、翌日には37度前後にまで下がったのです。頭のぐらつきも、筋肉の痛みもほぼなくなりました。手首など一部の関節に多少の痛みが残っていましたが、動かせないほどのものではありません。
おかげで、インフルエンザにもかかわらず私は、普通に生活することができました。掃除をし、食事を作り、入浴も普段通りに済ませました。翌週の子供の行事にも問題なく参加できたので、服用して本当に良かったです。
5日分処方されましたが、私に関しては1〜2日分でも十分な効果が得られました。次にインフルエンザになった時のために残しておきたかったのですが、症状がぶり返しては困るので、一応全部服用しました。

 

夏場にまさかのインフルエンザ発症でタミフル服用

 

夏休みに家族で海外へ旅行をしました。
1週間ほどの旅行を終え、自宅に帰ってきました。
その翌日に体がだるくなり、旅行疲れと夏バテだと思い1日寝ていたのですが、夕方になって熱が高くなってきました。
その晩は39度以上になり、とてもきつかったので、翌朝病院へ行きました。
そこで旅行に行ったことや空港での体温検査では異常はなかったことなどを話し、夏風邪ではないかということでしたが、普段は高熱が出るほうではないので念のためにインフルエンザの検査をしてみようということになりました。
そこで夏には珍しくインフルエンザを発症していることが分かりました。
発症から1日は過ぎていることになりますが、すぐに薬を服用することになり、吸入タイプのものよりも飲むタイプのタミフルのほうが効果が出るだろうということで処方されました。
ちょうどタミフルの副作用が問題にされていたころでしたが、年齢的には大きな問題は無いだろうということで、念のため家に一人にはならないほうが良いと言われました。
ちょうど夏休みで子どもが家にいたので、感染予防のために部屋は同じにしませんでしたが時々声をかけてもらうなどしました。
タミフルを飲み始めると熱も上がらず、体のだるさも次第に治まってきました。
普段の生活ができるようになるにはその後4,5日かかりました。

 

当時、テレビニュースでタミフル騒がれていたが

 

10年ほど前、一時、タミフルがテレビニュースで10代の子供に服薬させると奇妙な行動を起こしただの、マンションから飛び降りただの、言動がおかしくなったと世間を騒がせていました。
インフルエンザが流行するのは毎年のことですが、タミフルは危険と複数のテレビチャンネルで取り上げられたりしていたのを子供ながら覚えています。
タミフルが危険などと言われていた理由は今も当時も分かりませんが、人ごとのようにニュースを見てました。
インフルエンザの予防接種も済ませていたので、特にタミフルのことは気にしてませんでしたが、なんとなく怖いものなのかな程度でした。
しばらく経って、私は高熱を出して病院でインフルエンザと診断され当たり前のようにタミフルが処方されました。
当時、このニュースを親も当然見ていたのでタミフルって大丈夫なの?と少し心配していました。
私も当事者となると怖くなり、父親に電話して飲んでもいいか確かめたりしていました。
インフルエンザは高熱による脳症が怖いと思っていたので結局、二日間タミフルを服用しました。
その後はすぐ熱が下がり、テレビで言っていたような奇妙な行動もしなければ変な事を言ったりもなく、むしろ熱が下がり楽になりました。
副作用もなにもなく、一週間後は完璧に治り学校へ登校しました。あの騒動がなんだったのか今でも不思議です。
タミフルを服用したのはそれが最後でその後10年インフルエンザにかかったことがないです。水銀が入っていると知って予防接種もしなくなりました。
あの時期インフルエンザになると危険なタミフルを飲まなくてはならないので予防接種をする子供が増えたんじゃないでしょうか。
だからあんな報道をしたように思えてなりません。考えすぎでしょうか。あくまで自分が思ったことです。

 

インフルエンザでタミフルを服用した体験

 

昨年は、インフルエンザの予防接種を受け損なってしまい感染しないことを祈りながら通勤をしていました。ところがインフルエンザの流行がほぼ終わった頃の3月のあたまごろに通勤電車の中でまともに座っていられないぐらいの倦怠感に襲われ、すぐに歯がガチガチと音を立てるほどの悪寒が体を包み込み、いったい自分に何が起きているかわからないほどの症状に陥ったのです。

 

これは尋常ではないと思い、すぐに自宅のある最寄駅で下車して夜7時まで診療を受け付けている内科にかけこみ、一目でインフルエンザだろうということで簡易検査をして見たら、物の見事にインフルエンザが判明したのです。すぐにタミフルを5日分処方されました。朝晩に1カプセルずつの摂取でした。

 

インフルエンザの症状がでてすぐに診察を受けてタミフルを処方してもらえたのは本当にラッキーでした。翌朝まで待っていたら本当に一気に重症化していたと思います。ですがその日は40度まで熱が上がり、内科でタミフルと一緒に処方されていた解熱剤を飲んだらなんとか37度ちょっとまで熱が下がりました。

 

タミフルが効いてきたなと思ったのは、3日目でした。あれだけ高熱が続いていたのが、3日目には嘘のように平熱に戻り体も随分楽になりました。タミフルは、本当にインフルエンザのあの激しい症状に非常にスピーディーに効果がでたので非常に良い薬だと実感しました。

 

▼タミフル▼

 

>>タミフルジェネリック(エンフルビル)はこちら!

 

 

インフルエンザについて

 

インフルエンザの症状

 

インフルエンザは一般的な風邪症状とは異なり38度以上の高熱、倦怠感、関節痛、筋肉痛、頭痛など辛い症状が強く現れます。

 

腹痛などの消化器系の症状や咳や咽頭痛、鼻水などの症状が出現する事もありインフルエンザウイルスが原因となります。

 

免疫力のない老人や乳幼児がインフルエンザに感染すると重症化する危険性があります。

 

インフルエンザの潜伏期間

 

インフルエンザの潜伏期間は1〜2日です。

 

発症してから3日ほどの期間が感染力が高いので家族や周囲の人に感染させないよう注意しなければなりません。

 

インフルエンザの検査

 

医療機関でのインフルエンザの検査はキットを用います。

 

キットの綿棒を鼻の奥に入れ分泌液を付着させ15分ほどでインフルエンザに感染しているか判定結果が出ます。

 

発症して48時間までに検査を受ける事で正確に検査結果が出ます。

 

インフルエンザ完治後、いつ登校・出社したらいいのか

 

熱が下がってもウイルスを持っていない事にはなりません。しばらくの間はウイルス保持しているのでくしゃみ、鼻水、咳で飛沫感染させてしまう危険性があります。

 

熱が下がっても2日は自宅で療養する必要があります。